熊谷市 ワイパーの替え時は? ジョイカル熊谷中央店 

サブページメイン画像

ワイパーの替え時は?

 ワイパーの替え時


「タイヤ履き替えなどはシーズンごとにやるけれど
ワイパーの交換は車検の時に必要ならば変えればいいや・・・。」

雨の日は大活躍してくれているワイパーですが割と整備の中では後に回されがちではないでしょうか。
定期点検を受けていればワイパーゴムの交換を推奨されるので交換する機会がありますが最低限の車検しか受けていない方などは2年間の気づかぬうちに劣化が進んでいることも珍しくないです。
ワイパーゴムの寿命は約半年~1年くらいといわれているので、2年に一回の交換ではぜんぜん間に合ってないですよね。

いざ雨が降った時、雨がかききれずすじ状の線がでて前が良く見えない・・・!
といったことが起きないように、簡単に確認できる交換が必要なサインをまとめてみました。

 交換のサイン

ワイパーゴムの交換サインはゴムが裂けているかひび割れが確認できれば交換時期です。
また拭き後もにじんでいたり、すじ状の線になっていたり、拭きがビビっていたりしてもすぐに交換しましょう。
使わないから変えなくてもいいです!となりやすいリアワイパーは忘れがちです。
うっかり操作ミスで動かそうものなら経年劣化で傷んだゴムがガラスに張り付いて破れてしまいます。
フロントワイパーを作動中にバックギアをいれると勝手にリアワイパーが作動する車もあるので注意が必要です。説明書などをみて確認しましょう。

◇ワイパーブレードの交換サインはガタがある、錆びついているなどです。
ガタがあるとガラスに拭きムラが目立つようになります。
ワイパーゴムだけを交換していても本体が劣化していれば拭き性能は段々とがっていってしまいます。

◇ワイパーゴムは環境にもよりますが約半年~1年に一回、ワイパーブレードは約1年~2年に一回です。
ワイパーゴムは定期点検で、ワイパーブレードは車検で、と考えてみるとそれほどおっくうにはならないと思います。

 雪用ワイパーの重要性

近年、あまり雪が降らない地域でも足が埋まるほど積もることが増えてきましたね!
あらかじめスタッドレスタイヤをはいている方は多いですがワイパーを気にする方はあまりいないのではないでしょうか。なんだか変わらず使えそうですし・・・。
実は雪用ワイパーは凍結を防ぐ目的でフレーム全体をフードで覆う構造になっています。
ワイパーゴムも反転時に雪が隙間にたまりにくい構造になっていたりします。
雨用は空気抵抗を考慮したつくりとなっており、その隙間が凍結してうごきにくくなり結果、窓を拭き切れず視界が確保できなくなることになります。

突然どっと降られると雪の対策ができないまま雪道を走ることになってしまう・・・。
そんな不安を抱えないためにも備えてみてはいかがでしょうか。

 梅雨に活躍!撥水ワイパー

ワイパーゴムに撥水加工がされていて、乾いている状態で作動させるとガラスに撥水効果をもたらす商品も発売されています。
ガラスの撥水施工を長持ちさせる補助として使うのがおすすめです。
単品でも撥水加工を期待できるとしている商品や他の撥水加工商品と一緒に使えるものもありますしワイパーブレードを変えるだけで撥水加工ができるのは楽ちんでうれしいですよね♪

当店でも取り扱いがあります。
部品+ガラス撥水施工の工賃込みで

◇軽~セダン系  4,000円(税込)
◇1BOX・SUV系 5,000円(税込)


お問い合わせお待ちしております!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
048-577-8343
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら