熊谷市 エンジンがかからない!(プッシュ式スタート) ジョイカル熊谷中央店 

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • エンジンがかからない!(プッシュ式スタート)

エンジンがかからない!
(プッシュ式スタート)

 エンジンがかからない原因は様々です。

・ブレーキを踏んでいない。
・パーキングにギアがはいっていない。
・スマートキーの電池が切れている。
・ハンドルロックがかかってしまっている。
・バッテリーがあがっている。

などですね!
一つずつ原因を確認してみましょう。

 ブレーキを踏んでいない。

乗りかえや代車の利用でキーレスのお車が初めての方に多くみられます。
キーを回してエンジンをかけるときにはブレーキは踏まなくてもいいのですがキーレスのお車の場合踏まなければかかりません。
踏みこみが甘い場合もかからないのでしっかり踏み込んでからボタンを押してみてください。

 パーキングにギアがはいっていない。

意外にもうっかりしてしまいがちなのがパーキングにギアがはいっていなかったケースです。
そんな時は焦らずに、ブレーキを踏んでからパーキングにギアをいれます。
そしてブレーキを踏んだままボタンを押せばエンジンがかかります。
エンジンをかけるときはパーキングに入っているかどうか確認をしましょう。

 スマートキーの電池が切れている。

これもうっかり先延ばしにしてなりがちなのがスマートキーの電池切れです。
ドアの開閉は格納されているキーを使えば大丈夫ですがエンジンをかける鍵穴はありません・・・。
そんな時はスマートキーをエンジンスタートのボタンに近づけてみましょう!(結構近めに!)
そうするとエンジンは始動します。

電池の交換は使用頻度によりますが、1~2年ほどを目安にしましょう。
電池の残量が少なくなると車を始動した時に表示してくれる車もあるので早めに交換しましょう!
スペアキーの電池も使っていなくても消耗するので一緒に変えておくと安心ですね!

 ハンドルロックがかかってしまっている。

エンジンを始動していないときにハンドルを動かそうとしてしまうとロックがかかってしまいます。
つい体が当たってしまってロックしてしまうこともあるでしょう。
そんな時は慌てずにシフトレバーがパーキングに入っていることを確認します。
そしてエンジンをかけながら同時にハンドルを回してみると解除されます。

 バッテリーがあがっている。

半ドアで電気がついたままになっていたり、長期にわたって車を放置してたりするとバッテリーの中で蓄えていた電気が枯渇してしまいエンジンをかけることができなくなってしまいます。
そういった場合は他の始動できる車からケーブルを繋いで電気を補給するかジャンプスターターを使って復旧することになります。
バッテリー自体の劣化やオルタネーターという発電をする部品が故障していてもバッテリーあがりとなるので注意が必要です。

 エンジンが動かなくても焦らないで!

急いでいるときにエンジンがかからないと焦ってしまいがちですが、よくある原因を把握していればいざというときにすぐに対処できますね!
このほかの要因でも故障してしまって動かないというケースもありますが、定期的に点検を受けて早期に異変がわかることもありますので余裕を持った運転ができるように備えておきましょう!
キーの電池交換などは意外と簡単にできる作業なので、一度チャレンジしてみてもいいのではないのでしょうか。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
048-577-8343
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら